私たちは、人事分野におけるテクノロジー活用やデータの分析結果を経営に活かすことを推進する団体です。

ISO30414調査研究レポートとは

当団体が発表した、日本初となる国際標準のヒューマンキャピタルレポーティング(HRマネジメント情報開示)のガイドラインです。
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 岩本 隆 特任教授の監修の下、有識者数十名へのインタビューを実施し、国内外の動向把握と今後の展望を整理しました。また、先行して公表されている海外企業のHRレポート事例研究と、日本での展開を踏まえた提言で締めくくる内容となっています。

本レポートは下記企業・団体の協賛を受けて作成しています。

【ISO 30414調査研究レポート協賛企業様一覧】

ISO 30414調査研究レポートの概要

①なぜ、米国でHR情報開示が義務化されたか?その、背景となっているメガトレンドを3つの観点から深堀り

  1. HRテクノロジー
  2. 金融業界からの圧力の高まり
  3. 個人の働き方の変化

②世界初のヒューマンキャピタルレポーティング国際標準「ISO 30414」ガイドラインをベースにHRテクノロジー活用を実践的に解説し、日本企業にとっての意味合いを抽出

③ISO 30414準拠の必須条件となるH Rデータ、H Rテクノロジーの活用方法を具体的に解説し、実践的なガイドラインとしてHRT独自に再構成

④ISO 30414ガイドラインに記載されている全項目について、日本銀行、金融業界、HR業界有識者へのインタビューを重ね、国内外のHRマネジメントの新たな潮流と今後のテクノロジー活用の実装ステップを独自の視点から解説

⑤HRデータとテHRテクノロジー活用の新潮流に対して、日本企業がいかに備え、企業競争力を強化するかについての示唆を抽出

調査研究レポート購入希望の方

<販売価格:15万円(税抜)>

事務局メールアドレス宛に下記をご連絡ください。
事務局メールアドレス: office@hr-technology.jp
①会社名
②氏名
③ご連絡先メールアドレス
件名:ISO30414調査研究レポート購入希望
追って事務局よりご連絡させていただきます。