私たちは、人事分野におけるテクノロジー活用やデータの分析結果を経営に活かすことを推進する団体です。

伝統的な人材開発手法では、セミナールームや研修室に集まり、講師の講義を聴講し、ディスカッションなどのワークでアウトプットして終わるということを繰り返してきました。リアルな空間に集まって学ぶこと自体は、一種のお祭りのような高揚感や参加者同士のつながりの醸成といった副次的な効果も重要視され、反転学習やマイクロラーニングなどの新しい学びのコンセプトが提唱されてはいるものの、人材開発担当者や参加者からも一定の評価を得ていました。

しかし2020年に入り、世界中でパンデミックが発生し、いまだにいつ終息を迎えるのか誰にも分らない状況の中で、”テクノロジーを活かした人材開発”がどの企業でも求められているのではないでしょうか。

そこで本WGでは、「人材開発×テクノロジー」をテーマに、人材開発の専門企業や事業会社の人材開発に携われている方々を中心にした企業事例を中心にした研究活動を実施していきます。

こちらのワーキンググループ(WG)に関連する記事

2020/5/19_人材開発xテクノロジーWG_第1回セミナー開催決定!

「人材開発×テクノロジー」ワーキング・グループ発足、第1回セミナー開催決定!

ポストコロナ時代の新卒採用・定着化施策を考える  コロナ禍が勃発し、長年続いてきた新卒採用や新卒定着化研修の慣行が、根底から一気に崩れ落ちています。  多くの大手企業新卒採用・研修担当者が、ポストコロナに向けた新卒採用・定着化の新たな勝ちパ …